前へ
次へ

着物買取は未経験者はハードルが高いか低いか

着物買取は文字のごとく着物を買取してくれるサービスです。
そのキーワードで検索するとたくさんのお店のホームページが出てきます。
さてその着物は今では自前のを着る人は減ってしまっていて、何十年もタンスの中で保存されたままの着物が多くあります。
しかし買ったときに高いお金を出していることが多いので捨てるのも実にもったいないです。
しかしいずれは処分しないとならないので、こんなときこそ着物買取サービスなどを利用してなんとか引き取ってもらうことを模索する必要があります。
ただそこで問題になるのは着物買取の基準がどうなっているかです。
というのは現実問題としては着物買取と言っておきながら、査定されると値段がつかない、さらに買い取りそのものもやってくれないということが発生しているからです。
これらのトラブルを未然に防止するには、1つはお店のホームページで着物買取基準がどうなっているか明確に表示しているのを確認することです。
明確に表示していないお店の場合はメールや電話で詳細確認して問い合わせる忍耐と時間が大事になります。
ちなみに着物買取をしてくれない場合だと、1つは虫食いなど品質劣化してしまった着物、もう1つは需要と供給の問題により供給過剰になりやすい着物です。
この供給過剰傾向なのであらかじめ知っておかないとならないのは喪服関係や化繊素材や紋入りなどだそうです。
というのは喪服関係は今ではそれ自体を着る人がほとんどいないからです。
かつて着ていた年配の女性ですら洋装の人がほとんどだからです。
逆に買取してくれそうな場合は、振袖や留袖や訪問着などで劣化していなければ、最低でも1000円以上にはなるようです。
もしこの買取の可能性がありそうな着物があるとしたら1つは宅配方法を選択することです。
宅配の場合は依頼したら段ボールがタダで届けられ、そこに入れたら引き取ってくれるからです。
もし値段がつかなくてもわざわざ送料出して返送までしてくるお店はほとんどいないだろうからです。

Page Top